マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

岡山で「桃とキジ」

8月27日の午前中は山口県の岩国で錦帯橋を見て、それからバスで広島へ向かい、広島でお土産を買うと新幹線で岡山へ。到着してからB級グルメの「ぶたかば(豚のかば焼き)」を食してから、後楽園へ。

バスを待っているとこのような光景が。
20160827150248.jpg

そう、ドラマのロケのようです。「桃太郎」の銅像付近でした。3時頃からバスを15分ほど待ったのですが、その間に、同じシーンの撮影を3回。

写真の下の方で、ベージュのような淡いピンクのようなTシャツをきて座り込んでいる青年は俳優さん。そこへ、旅行用カートを引いた若い女性が通りかかり、青年と何か言い合いをしています。そして、カートを引いて女性が去りそうになると男性が立ち上がり追いかける、というシーンです。

そのたびに若い男性と中年の女性のエキストラさんらしい方が通行人として通りました。

青いTシャツの方々はスタッフですね。「桃とキジ」と書いてあります。桃とキジは映画だったのですね。岡山県先行公開だそうです。

子ども時代に保育園のお遊戯会で桃太郎を演じた女性が、家来のサル、キジ、犬役の男性たちと大人になってから再会するという話だそうです。恋愛ものなんでしょうかね。

あれからどのくらい撮影していたのでしょうか。我々はバスが来たので後楽園の庭園を見に出かけましたが、夕方に帰ってきたらさすがに彼らは消えていました。

さて、関東地方でこの映画を見る機会はあるのでしょうか。



テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報

日本の中の

ここはどこでしょうか?

暑い国の雰囲気です。
IMG_2025_convert_20151124213310.jpg
でも、日本語ですね。
IMG_2005_convert_20151124213355.jpg

先日、東京ジャーミイ・トルコ文化センターに行く機会がありました。先日、銘仙の話で書いたチューリップの話はこちらで伺いました。

パリのテロの前です。現在、このサイトにはTerrorism has no religion.というメッセージが出ています。テロに宗教は関係ない、ということです。イスラム教への理解が望まれます。

礼拝場はこのように美しく、祈りを捧げる人々がいました。
IMG_2035_convert_20151124213446.jpg
重厚なたたずまいです。
IMG_2006_convert_20151124213534.jpg
フルーツゼリー風のTurkish Delightというお菓子をお土産に買いました。
IMG_2020_convert_20151124213509.jpg
日本の中の異文化体験。知らない、怖い、排斥、とならないよう、理解を深めたいものです。





テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

仙台日帰り!

10年前ほどから、いろいろな研究情報を提供していただくなど、お世話になっている方から、ひょんなことで共同研究のお誘い。金曜日は連休直前ということもあり、日帰り出張にしていただきました。メンバーは5人位のようなので、プレゼン資料を10部ほど用意し持っていきました。

仙台は20代の頃に取材で行ったきりなので、ものすごく久しぶりでした。


取材内容から同行カメラマン、宿泊したホテルなど詳細に覚えている取材旅行もあるのに、当時の仙台出張、何の取材だったのか、思い出せません。日帰りだったのでしょうか?泊まった記憶もないのです。国立、町田、柏、大宮等と似ていますが、覚えているのはずっと広い駅前。それと、「仙台駄菓子」をお土産に買ったこと位。

家の者には「旅行っていうとよく覚えているのは食べ物がらみなんだよね」とよく言われています。

で、夕方は知らないメンバーとの懇親会が予定されていたので、新幹線に駆け込みになるでしょうからお土産を朝、物色。ところが、今は「仙台駄菓子」は見当たらず、「ずんだもち」系のお菓子などがほとんどなのですね。「きなこねじり」、楽しみにしていましたが。

到着後は1日中会議室で缶詰、夕方は居酒屋で私だけ1時間で失礼しました。
ほんとうは「牛タン通り」「すし通り」歩いてみたかった....
IMG_0532_convert_20151011153212.jpg

夜11時少し前に帰宅し、仮眠後、夜中の3時半に起床。4時には我が家のコパー(銅)・ウィークで、長野に車で出発と、なかなかの1日でした。。

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

信州のやまね

猛暑から逃れて信州へ、と思っていたら関東地方もすっかり涼しくなり、ちょっと残念な気もしましたが。涼しいのは結構なことです。

長年、信州へは旅行で行っていますが、蓼科と清里が車だとこんなに近かったとは。ハイキング・山登り以外の観光を決めていなくて、出かける日の直前に図書館でガイドブックを借りてきて、周辺観光をしました。初日の観光は宿へのルート上の清里、清泉寮へ。そして以前、夫がやまねの小さいぬいぐるみをお土産にくれたことがあったのでその付近のやまねミュージアムに。

やまねは英語ではdormouse/dormice (複数形)と言います。BBC Natureによると、半年冬眠しているとか。それで、「やまね」の各言語には「眠る」という意味の言葉が入っているということです。

やまねは「不思議の国のアリス」と「ハリー・ポッター」にも登場しているそうです。

「不思議の国のアリス」のマッド・ハッターのお茶会に「ねむりねずみ」として登場しています。お茶会ですぐに眠ってしまったので、帽子屋さんとウサギたちにティーポットに詰め込まれてしまう、という箇所がありましたね。

また、「ハリー・ポッター」シリーズの第1巻で、魔法使い学校の番人のハグリットのコートのポケットの中に「やまね」が入っている、という箇所もありました。Harry Potter and the Philosopher's Stoneの第4章、The Keeper of the Keysの最後の方に出ています。

ハリー・ポッターに「魔法使い学校入学許可」の通知を持ってきたあと、夜になり、ハリーのところに泊まり込んだハグリットが自分のコートをハリーに投げて、寒いから毛布として使うようにしてくれるのですが。「コートがもごもご動いても気にすんなよ。ポケット(のどっちか)にやまねがまだ入っていると思うんでね。(筆者訳)」
He took off his thick black coat and threw it to Harry.
'You can kip under that,' he said. ' Don't mind if it wriggles a bit, I think I still got a couple o' dormice in one o' the pockets.'


やまねのぬいぐるみも手の平の中に入ってしまうほど小さいのです。でも、毛布として使ったコートがごにょごにょ動いたらギョッとするでしょうね。

テーマ:信州 - ジャンル:地域情報

日本の中のイギリス①マナーハウス

以前、ワークショップでやった、写真をお見せして「ここはどこでしょう?」すべて国内なのに、海外だと思った方がほとんどでした。さあ、ここはどこ?

マナーハウス、って書いてありますけど、本物のマナーハウスはどうでしょう?
IMG_0365_convert_20150501074604.jpg
これは佐倉に近い志津にある佐倉マナーハウス。アンティークとアンティークでないイギリスの 陶器などを扱っています。先日の川村美術館のあと、多少距離はありますが、行ってきました。
IMG_0362_convert_20150501074519.jpg
ティールームはこんな感じのコンサーバトリー。昼食後なので残念ながら利用はしませんでした。

20150122120230_convert_20150123100641.jpg
看板もアンティーク。

日本の住宅地に突如出現したイギリス、という感じです。次回はゆっくりお茶したい。



テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters