FC2ブログ

マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

ハワイの美術

7月2日の日曜日から4週連続で日経のNIKKEI The STYLEに連載されていた「アートの島 ハワイ」。第1回の「火山派」で紹介されていたジャン・シャルローの「オールド・ハワイ 人間と自然の関係」という作品が、ハワイ大学マノア校のバックマン・ホールにあるというので、見に行くつもりだったのですが、時間があったのは日曜日の朝ということで、ホールは閉まっていました。

その代わりに?見たのが、生協そばの階段付近に書かれた絵画。農作業をする人々がド迫力です。
DSCN2756_convert_20171204161539.jpg

別のホールにはこんな絵画がありました。
DSCN2755_convert_20171204161609.jpg

レリーフでは、これがありました。3人の女性がレイを作っているのですね。
DSCN2715_convert_20171204161513.jpg

本当はホノルル美術館の浮世絵などを見るつもりだったのですが、時間がありませんでした。
それでも、大学内でこれだけでも見られれば収穫です。


スポンサーサイト

テーマ:ハワイ - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

ハワイ語辞書"

フリーエリア

free counters