マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

ハラール取得の学食

千葉の海浜幕張駅近くにある神田外語大学は、東京・神田駅近くの専門学校、神田外語学院の姉妹校として、1987年に開校した
大学で、今年30周年とのことです。英語教育や、アジアや中南米の語学に力を入れ、2013年にインドネシア語、タイ語専攻ができたとか。

大学の国際化に伴い、ムスリムの学生さんの数も増え、国立大学の学食の一部にムスリム・コーナーを発見したり、ということもありました。でも、私立大学で、さらに広大な敷地の中、平屋の独立した学食・レストランで、ムスリム対象というのは神田外語大が初めてとのことです。

「食神」は、ムスリムの方が安心して食べられるハラール証明を受けた日本初の学食だそうです。先月訪れた時は、食事をする時間はありませんでしたが、ラマダン明けのイードを祝う食事会が催されていたとのことです。

写真は2時頃で、華やかな衣装をまとった大勢のお客さんは帰ったあとです。
ファイル_2017-07-08_11_04_41_convert_20170714104751

お手洗いは学食とは思えない、ゴーカさ、アジアな雰囲気です。
ファイル_2017-07-08_11_05_11_convert_20170714104836

一般客が利用できるのは土日で、今週末はインドネシア・フェア、だとか。
普段はビュッフェで1,200円、16日のフェアでは500円のワンコイン・ランチがあるそうです。

学食って、どうってことない食事でも記憶に残っていますが、宗教に配慮した学食があったと、学生さんたちの心に残ることでしょうね。

ちなみに、神田外語学院は英語を学ぶ日本人が対象で、講演会などで訪れた時、自販機と椅子のある休憩所はありましたが、学食はなかったです。学院の方にムスリム向けのレストランの計画はおそらくないのでは?



スポンサーサイト

テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters