マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

伯楽は常にはあらず

最近、大学院の奨学金に「伯楽賞」というのがあるのを発見しました。まあ、奨学金はほとんどが若い人のものなので、応募資格はないのですが。

三省堂のWord-Wise Webによりますと、「いかに才能のある者もそれを認めてくれる人がいないと力を発揮できない」という「千里の馬は常にあれども伯楽は常にはあらず」ということわざがあり、それから来ているというとのことです。

千里を走れる名馬も、見抜く人がいなければ、他の多くの馬と一緒に荷物を運んだりしてこきつかわれ、力を発揮できずに終わる、ということだそうです。

なんか、応募しづらいですかね。「自分は本当は才能があるんですが、なかなか見抜いてくれる人がいなくって(嘆き)」

先日のシンポジウムの次の日の研究会で、今度会うと3度目になる先生がいて、挨拶すると、一応「会ったことがある」と認識してくださると思ったら「新聞社の人ですか?」

1回目は2年前、学部時代の内輪の集まりでの講演会の講師として、夜は30人くらいで懇親会。2度目は知人が発表するので行った研究会のコメンテーターとして。部屋にはやはり20人くらい。今年の2月でした。今回は出席者25人の集まり。

まあ、「どうでもいい人物」として記憶には残らないんだろうなあ。

その反面、私の素性をほとんど知らない頃から、「カンだけを頼りに」仕事を依頼してくださり、仲間に入れてくださる方々もいらっしゃるので、本当にありがたいです。







スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters