マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

やっぱり勧善懲悪!

先々週、は土日、先週は日曜日、今週末は土日、連続で週末に仕事が入っています。昨日と今日は家にいるのですが、仕事関連のメールが20件ほど。今日はこのあと、送られてきたニューズレターの3校チェック、別の原稿の校正です。ご近所さんから見ると、在宅=今日は主婦業、仕事は休み、なんだろうなあ。

さて、最近見た韓国時代劇は、元々の史実がそうだ、ということもあるのでしょうが、「イ・サン」「華政」、それぞれ、王様が、身内だから、とか、「悪」ではあるが政治的に活用する、等の理由で「黒幕」の断罪をしないため、結局、窮地に陥る、というドラマでした。

家の者はしばらく「水戸黄門」を見ないとすっきりしない、ということで、このところ韓ドラは一休みで、昔の黄門様を見ています。半年分のもやもやを解消しています。

私が一人で見ている「オクニョ」は黒幕の力が巨大すぎるため、勧善懲悪は難しそうですが、王族の身内は勧善懲悪の対象となるようなので、「期待」しています。

このドラマ、現代に例えると、身内の事件を解決するため、「警察事務」(ドラマでは茶母、監獄の下働き)から「警官」(ホドチョン)を目指すべく、勉学と武術に励んだ少女が、あまりにも教養と武術があるため、「特殊業務のスパイ」(ドラマではチェタミン)にスカウトされるという話です。

面白いです。
スポンサーサイト

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters