マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

中央線の「笹の葉」と「モミの木」

遠距離通勤の楽しみの一つ、それは電車が発車するときの「発車メロディ」。YouTubeでいろいろ聞けます。有名どころだと恵比寿駅のビールのCM。舞浜駅のIt's a Small World.ご当地ソング、というべきですね。

最近、謎が解けたことがあります。というか、勘違いだったことが判明。阿佐ヶ谷の発車メロディ、ずっと不思議に思っていました。クリスマスの時期でもないのに「なんで『モミの木』なんだろう?」。ジャズの街と謳っているので、ジャズ・アレンジ。「モミの木、モミの木」。

中央線をゆく、大人の町歩きという文庫本を東京駅で購入。東京から高尾まで32駅がそれぞれ紹介されています。そのうち、降りたことないのは「豊田」と「西八王子」のみということに我ながらびっくり。東中野、西国分寺といった「東西がつく駅」も利用したことがあります。西国分寺は武蔵野線との乗り換え駅ということもありますが。立川、日野はここ3年以内に初めて利用しました。それ以外は10代の頃に家族で住んでいた最寄駅も含め、幼い頃から利用していたのですね。まさしく「中央線LOVE

そう、阿佐ヶ谷の発着メロディは「モミの木」ではなく、「笹の葉さらさら」の「たなばたさま」だったのですね。「笹の葉さらさら~」と「モミの木、モミの木~」、ジャズ・アレンジだと似てませんか?



スポンサーサイト

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters