マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

「お世話になりました」ふきん

先日、あまり面識のない若い方からThank you ギフトをいただき、恐縮しておりました。今度は私の番。

仕事上、さりげない気配り、気遣いをくださった方ですが、異動を知らず、このままになってしまうのは忍びないので、ちょっとしたギフトを私担当の窓口の方に託しました。

途中下車して見つけたのがこれ。中川政七商店のごあいさつふきんです。

「よろしくお願いします」「ほんのきもちです」などの言葉が書かれた綺麗な色のふきんです。この中で若草色の「お世話になりました」ふきんを選びました。

お世話になった方にお渡しするにはお手軽すぎるのですが、逆に私からのギフトをまったく予期していない方へのギフトとしては、受け取った方の心理的負担が少ないと思いました。なかなかお会いする機会もなくなるので。

お店の方には「ご自宅用ですか?」と言われました。単なるふきん、という認識だったのですね。メッセージが控えめでさりげないので。

ちょっと笑える?のは「だいすきです」という赤いふきん。ふきんで告白?あるいは還暦祝い?

本当はお菓子のような消えものがよいとは思いますが、担当者からのプレゼントとは思わせず、A4の茶封筒に入れ、仕事関係の書類のように、目立たずに渡していただけるものということで優れものです。





スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters