マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

桜のギフト

4月になりました。今日は暖かいですが、この寒さで、春らしい気分にはなっていません。例年になく新しい気持ちになれる新年度なのですが。

3月に職場を去る若い人たちから「桜ギフト」をいただきました。

桜のパッケージの春らしい京都の飴、目黒のマッターホーンのクッキーと桜の紅茶に桜の形のメッセージカードと桜色のリボン。
桜のメッセージカードの女性は勤務日が違っていたため、この1年に数回しかお会いしたことがなかったのですが、とても親しく話をさせていただいた方です。

彼女が、以前から入ることを検討していた学会の会員ということを知り、(紹介者が必要)お願いしたところ、「重鎮」の方を紹介していただき、入会することになったので、またお会いする機会はあるのですが。

別の職場でお世話になった方が転勤なので、桜ギフト、桜スウィーツ、探しに行きます。

スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters