マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

「サクロモンテの丘 ロマの洞窟フラメンコ」

先週サクロモンテの丘 ロマの洞窟フラメンコというドキュメンタリー映画を渋谷のアップリンクで観ました。

スペインのアンダルシア地方のこの地で、迫害されたロマが暮らした洞窟の中で独自のフラメンコが生まれ、継承されていったとのことです。1963年の水害で洞窟が崩れたのですが、その地で育ち、フラメンコ・ダンサーやギタリスト、歌い手となった人々へのインタビューが踊りと共に紹介されています。

やはり、フラメンコはスペインで育った人が体現できる踊りであり、歌であり、ギターなのですね。日本人の歌舞伎や日舞のように。
独特の哀愁とリズム感、エキゾチックで濃いお顔。

踊りが認められてドイツやフィンランドなど他のヨーロッパの国に行った人、ずっとサクロモンテで暮らした人、それぞれでしたが、踊りへの情熱は子どもの頃から変わらないのでした。

踊りだけであれば、女友達を誘って、と思いましたが、ドキュメンタリーということもあり、家人とともに出かけました。しかし、午前中は桜を求めて散策、ランチは椿山荘で、ぎりぎりになり、走ってなんとか間に合ったということもあり、家人にとっては休息の場に。
アップリンクの座席がゆったりと、かなり、リクラインしていたこともありました。

その後、2月に見られなかった「暁斎展」を鑑賞。土曜日にもかかわらず、混み具合は予想通りでした。



スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters