マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

世界時計:締め切りは3月末

昨日の占い。「あらゆる重要な情報があなたのところに集まってくるでしょう。」本当に占いって当たる時がある、と思いますね。家人は信じないけど。

週末はシンポジウムの受付、発表者のタイムキーパーなど学会業務のお手伝いで若者並みに働き、かなり疲れていました。そして昨日。

まず、オセアニアの国からの連絡、共著予定の学術書(分担)がひとまず通り、膨大な修正をこれからすることになりました。
アメリカからは9月のアメリカでの共同発表に加え、12月には東南アジアで発表しないかというお誘い。

そして仕事関係で中国語の特殊分野の通訳の人を探す依頼を別の人に依頼、依頼された人はさらに依頼された人に伝える、というのを電話とメールでやりとり。

アプリの世界時計、役立っています。複数の国だと何時間の差、などと覚えてられないので。若い頃なら必要なかったかもしれませんが。さらにこれからはサマータイムなんかが入るのでさらにお役立ちです。

国内のものや個人的なことも、3月末締め切り、が目白押し。確定申告は今日、終え、送信。

いずれにしても締め切りは月末か4月上旬。世界時計をにらみつつ、追われることになるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters