マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

プレミアム・フライデー@森美術館

金曜日は所用があり都内に出かけていた家人と渋谷Bunkamura前で待ち合わせ、「暁斎」展と六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催中の「マリー・アントワネット」展をハシゴの予定でした。一人で家人は静嘉堂文庫美術館に行っていたのですが、時間がかかり、六本木で待ち合わせに変更。私は「奥シブ」を散策してからiPadをチェックするとマリーアントワネット展は140分待ち、とありました。

そこでさらに予定を変更するという手もあったのですが、いちおう行ってみると実際は待ち時間160分とありました。そこで、他の展示を見ることにして、インフォメーションで聞いてみたところ、やはり、サントリー美術館など他に歩くのは疲れていたので、森美術館でやっているインドのアーティストの展覧会をみることにしました。

先日はフランス料理に振られ、タイ料理にしましたが、またしてもフランスにフラれ、今度はインドに。

N.S.ハルシャ展です。長蛇の列をしり目に、ゆったりと鑑賞することができました。インド芸術、なかなかのものです。見ていた人はヨギーな感じの外国人や、行列をあきらめた「プレミアム・フライデー」らしき男性などでした。

人物や動物がたくさん描かれ、見飽きることがありませんでした。

予定していた2つの展示は見られませんでしたが、暁斎は4月までやっているので。

マリー・アントワネットは小中学生時代にツヴァイクの伝記で読み、波乱万丈な物語に夢中になりましたし、最近では映画もTVですが見ています。展示はまた、機会があれば。

お土産にサンダルウッドの石鹸を買い、インド気分です。たまりません。
スポンサーサイト

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters