マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

「和」の喫茶店

先週、毎日いつもより大人数の人々と接したため、風邪をひいてしまいました。さらに火曜日、水曜日は夜8時の締め切りに向けて家で原稿書き、スカイプ打ち合わせと無理をしたため、昨日は仕事を休むことになり、今日も出勤できず。

さて、いただいてきた病院の広報誌(しばらく前ですが)によると、「いろいろな経験を重ねてきた人が古い記憶を呼び覚ましづらくなること」を「逆向抑制」というそうです。年を取ると記憶が薄れるのは無理もない、ことなのですね。

1月に市原の湖畔美術館に行った際、せっかくなので、4月から開園する冬季休園中のバラ園の場所を確認したり、近隣の場所を回ってみたのです。木更津方面にさしかかったとき、ふと思い出したのが10数年前に知人に案内された和風の喫茶店。コーヒー専門店で広くはないですが日本庭園があり、素敵なお店でした。

カーナビで、周辺の喫茶店・カフェを探し、漢字2文字とか、和風の名前のお店を探したのですが、場所が明らかに違ったのです。一通り探して、思い出したのは「ブラジル屋」。「ぜんぜん、和風じゃないじゃない」と家人には言われましたが。

お正月仕様なのか、いつもこうなのか、この通りの「和風」。着物でも着てゆったりと過ごしたい場所ですね。
ファイル_2017-01-08_8_37_46_convert_20170203090539

木更津の駅からたぶんそれほど遠くはない場所で、住宅地の中のお店。昔だったら、こんなあいまいな記憶だったら、まず、たどり着かないですよね。カーナビがあればこそ。

くじをひいたら、ピンクと水色のストックの花束が当たり、「春から縁起の良い」気分になったのでした。
スポンサーサイト

テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters