マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

ネーミング

チョコレートとか、洗剤とか、文房具とか。うなるような、キャッチ―なネーミングのものってありますよね。
企画会議とかってどうやっているんでしょう?

共同研究のタイトルは数人で話し合って、口頭で決めたりしますが。

今、10人ほどで、あるもののネーミングを考えています。英語と日本語で1つずつ、とのことでしたが、皆さん、最低でも5つくらい出していました。若者のネーミングはなかなか面白い。ようやく考えましたが、やはり、考え始めると5つくらい出したくなる。

さて、誰のが採用されるでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters