マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

「拝啓 ルノワール先生―梅原隆三郎に息づく師の教え」

先週の木曜日の立ち寄り場所は三菱一号館美術館。今月19日から開催されている展示です。

最近の美術展、「若冲と蕪村」、「ゴッホとゴーギャン」など、二人の芸術家を対比で紹介する展示が続いていますね。今回のルノワールと梅原隆三郎はその中でも、フランスと日本、師弟関係、という取り合わせがユニークです。

この通り、20歳の若者と67歳の年配者という「年の差」もあります。
繝輔ぃ繧、繝ォ_2016-10-25_17_45_15_convert_20161025180820
(主催者の許可を得て掲載しています。以下2点の写真も同様。)

淡く優しいルノワールの油彩画に対して、梅原隆三郎の作品は力強さが際立っています。
繝輔ぃ繧、繝ォ_2016-10-25_17_44_35_convert_20161025180726

2人がそれぞれ描いた「パリスの審判」が展示されているのが今回の目玉でしょう。ルノワールと梅原隆三郎の対比がくっきりしております。

帰る頃には夜景を背景に外観がライトで照らしだされ、素敵な夜の散歩に。
繝輔ぃ繧、繝ォ_2016-10-25_17_46_22_convert_20161025180851

図録はルノワール版と梅原版の表紙のいずれかを選べます。(内容は同じだそうです。)

「拝啓ルノワール先生―梅原隆三郎に息づく師の教え」
2016年10月19日(水)―2017年1月9日(月・祝)
開館時間:10:00-18:00(祝日を除く金曜、第二水曜、10月27日(木)、1月4日-6日は20:00まで)
休館日:月曜日(但し、祝日の場合は開館)、年末年始(2016年12月29日(木)-2017年1月1日(日)
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

内覧会

あれ?内覧会にいらしてたの?
気づかなかった~

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters