マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

Tim Tamに最適な人数

オーストラリアの定番のお菓子といえばTim Tam。 Arnott'sという会社のもので、日本でもカルディなどで買えます。

ホテルの近くのスーパー、ウールワースで5,6個買い込んで、職場などのお土産にするつもりにしていました。私が買ったのは定番のクラシック、ではなくチューイー・キャラメルとエスプレッソ・マティーニ。キャラメルは日本でも見たことあるけど、エスプレッソ・マティーニはもしかしたら日本にはないかも、と期待しましたが、日本にもあり、さらにブリスベンでは見かけなかったココナッツまであったのです。

定番は11枚入りとのことですが、定番外だったので9枚入り。しかも個装されていないことがわかっていたので、メンバーが集まった時にさっと出して、ティシュペーパーやお手拭などを用意し、食す、というのがよいのではと思いました。

職場に持って行った日は出張の人が多く、あきらめました。久々に出た趣味の会で2パック持って行って、ちょうど16人来ていたので、まずまず、と思っていたらいつもある休憩がなく、出せずじまい。

そして今日は、10人以下だと踏んで1パック持って行ったところ私を入れて9人だったので、ちょうど完売。コーヒーブレイクの時にいつも飲み物だけとわかっていたので。チューイー・キャラメルを持って行ってしまいましたが、エスプレッソを試したかったです。

1つ食べると結構なボリューム。3,4人しかいないところだと、あとは冷蔵庫にでも入れておくほかなさそう。それでもやはり、「分けて食べる」ことは考えずに、「ご家族でどうぞ」と1パックをおひとりに渡すのが正解でしょうか。

個装でないのと、指がべたべたするので。

今回は探す暇がなかったけど、やはり、次回があるとすれば、プロポリスやユーカリ関連製品を買って帰るのがよさそうです。
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters