マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

Dietary requirement

飛行機の中などで、ベジタリアン用の機内食をリクエストできますよね。でも、学会の「おやつ」までとは。

グルテン・フリー、乳製品フリー、両方ともありました。
クッキーやケーキなどを外国にお土産にし、グルテン・アレルギーで食べてもらえなかった、などという話を聞きますよね。

実はこのサイン、反対側からは見えないので、気づかず、ばくばく食べていた人もけっこういたのです。

いずれにしても、おやつのボリュームがすごいので、食べきれません。朝食はビュッフェでしたからね。
IMG_2062_convert_20160927174616.jpg

このほかに、個人名が書かれた「特別おやつ」があり、甘いもの自体が苦手な男性から、「食べる?」と箱を近くの女性陣に差し出されましたが、誰もそれをさらに食べることはできずにいました。

今回は丸1日フリーの日が全くなく、(最大で2時間くらい)だったので、おやつで和みました。




スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters