マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

シーボルト展@佐倉

昨日、よみがえれ!シーボルトの日本博物館を歴博で見てきました。シーボルトは長崎に滞在した、オランダから派遣されたドイツ人の医師・博物学者ですね。日本人女性タキと結婚し、のちに女性医師となったイネさんという娘もいました。昔の大河ドラマで大村益次郎を描いた「花神」で、イネさんを浅岡ルリ子が演じていましたね。

日本滞在中に集めた庶民の生活用品、身分の高い人の煌びやかな品々、仏教関係の品々、美術品など様々なものを持ち帰り、日本の博物の展示を行い、研究をつづけたとのことで、今回の企画展です。

当時の日本人が日常使っていて、特に美しさや機能性を意識しなかったものに美しさを見出し、何でもかんでも「美しい!」と収集したのではないかと思います。外国に行って、「これを全部買って帰ってお土産にしたい」と思うことは国籍を問わず、あるのではないでしょうか。現地の人は何気なく使っていて、特に珍しいとも、きれいとも思っていないものなんですよね。

そんな古き良き時代の日本の「もの」がこれだけ残っているのは素晴らしいし、どれも美しく、工業デザイン的にも機能的な感じです。「大切に保管してくださってありがとう」と言いたいですね。

さて、博物館に行く前に、川村美術館でフレンチのランチでも、と思っていたところ、昔、数人で訪れ、再訪したいと思っていたレストランを偶然見つけました。佐倉周辺って、イタリアン・レストランがたくさんあるのですね。こちらはイタリアンではないのですが、BSで紹介されたという、素敵なお店です。ご主人が一人でてんてこ舞いされていたので、お店の名前は記しませんが、外の景色はこのような感じです。


お盆休みらしくリラックスできました。

次回から歴博に行くときはイタリアンのお店を、1つ1つ試してみようと思います。

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters