マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

懐かしのアフリカン・ナイト

このところ、毎週のように土日に仕事等が入っていて、気分的に落ち着きませんでした。月曜日の休みはまあまあゆっくりできます。

先週水曜日の夜は、都内での勤務を終えて、麻布台のセネガル料理のカフェバーBlue Baobabへ。

ケニア在住28年、ナイロビのスラム、キベラの学校支援などの活動を行っていらっしゃる早川千晶さんとマゴソ・スクールの女性の校長、男性の若い教頭兼教師のお二人とともに来日されました。底抜けに明るいアフリカン・ソングを披露してくれました。


そのあと、キベラの現状と学校の現状、お二人の壮絶な人生についてのトーク。

千晶さんの講演会と演奏会、10年ほど前にも参加していたのです。新大久保の労音大久保会館というところで、アフリカンドラムと歌のライブと講演会でした。

今回はこぢんまりとしたカフェバーで人数も20人くらい。ピーナツバターの味付けのカレー風シチューは懐かしい味ではなく、セネガル料理の新しい味でした。

昔、恵比寿に「ぴがぴが」っていうケニア料理とケニア音楽のライブのお店があったのですが、2001年で閉店したそうで。現地の料理さながらのケニア料理を出していました。

アフリカ好きの人の集まり、サバンナクラブってまだあったのですね。私が若い頃、ずいぶんご年配の方が多いと思ったのですが、今は70代、80代の方が多いそうです。

参加者の方の、ナイロビの青い空のようなからりとした明るさを感じ、静かな感じなのですが、エネルギーを感じました。しばらく行っていないせいか、その感覚が私からは失われていることを実感。

残念ながら最後までいられなかったので、個人的にお話をすることはできませんでしたが、縁があればまた会える。そう思っています。
スポンサーサイト

テーマ:ケニア - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters