マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

ボストン土産(2)博物館グッズ


3年前にNYの国連本部で行われた平和教育の学会に参加した時、国連の売店でこんなものを買いました。
歴代大統領の顔がイラストで描かれたネクタイです。アヒル
今回はコンコード博物館で歴代大統領が関連の事象とともにイラストで描かれたプレースマット(ランチョンマット)を買いました。前回のネクタイも喜ばれたのですが、今回はたとえば、カーター大統領にはピーナツのイラストが、ケネディ大統領にはアポロ計画のロケットのイラスト、テディと呼ばれたセオドア・ルーズベルト大統領はテディベアを抱えている、などでさらに喜ばれました。ちなみにオバマ大統領はYes, we can.と書かれたポスターが背景に何枚か描かれています。夫の方が詳しいので、イラストの説明をしてもらいました。ブッシュ前大統領にはウエスタン・ブーツが描かれており「靴投げ事件だから?」と夫は深読みしていましたが、記者から投げられたのは普通の革靴だったはずなので「テキサスに帰ったからじゃない?」と私は思いました。

globe.jpg
このほか、ホテルの斜め前のクリスチャン・サイエンス・センターの近くにあるthe Mary Baker Eddie Libraryというところは、巨大な地球儀のアトラクションがある施設で、アンティーク風の小さい地球儀を買いました。夫曰く、「海が水色だと小学生の勉強用に見えるけどこれならいい。しかも普通の地球儀と違って北極と南極に軸が通っていないので見やすい」。

さて、それではこの地球儀をくるくる回して次の旅先でも決めましょうか?

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters