マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

イタリア映画「緑はよみがえる」舞台挨拶

連休前半、終わってしまいましたね。最初の2日間は中学の遠足以来の高尾山ハイキング。そして今日は、ひょんなことで、大学時代の友人2人と、映画を見た後の昼食会となりました。詳しく言うと、映画は夫と二人で見ましたが、友人が同じ会場で見ていて、夫は映画が終わると別行動、という形でした。友人と昼食会の場所まで行き、もう一人の友人と合流。

岩波ホールで上映中の緑はよみがえるです。第一次大戦のオーストリアとイタリアの戦争を扱ったもので、雪の山がいかにも寒々しいのです。
「戦争が終われば、緑がよみがえり、雪の冬山での戦いは忘れ去られてしまう」というナレーションが響きます。

塹壕の中の場面がほとんどなので、暗く、顔がわかりづらかったのですが、少佐役の俳優さんの舞台挨拶があるということで、楽しみに見ていました。かなり前の方に陣取っていましたが、映画が終わると、通訳の方と俳優のクラウディオ・サンタマリアさんがすぐそばで、まさに特等席。

そして舞台挨拶が終わると、外にいらしたのでこのとおり。IMG_0708_convert_20160501221723.jpg

これまで、ドキュメンタリー映画で映画の後、監督さんのトーク、というのは見たことはありますが、俳優さんの舞台挨拶は初めてでした。今まで知らなかった俳優さんではありましたが、映画の内容理解が進みました。

そのあとは学士会館でランチ。連休中としては神保町、平日よりも人は少なく、ゆったりできました。





スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters