マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

「真田丸」に見る愛される人材

我が家の平日の夜は「ソドンヨ」を見終わった後、とぎれていた「ダウントン」を一時期、見ていたのですが、なんか家の者にはくつろぎの夜に悲劇やつらい現実やイジメなどがオンパレードのドラマを見るのはストレスフルのようで、やはり、韓ドラ時代劇に。「商道(サンド)」を見ています。もちろん、悲劇やつらい現実などはあるのですが、前向きなバイタリティーで切り開いていくというのが爽快です。

そして、日曜日の夜は。我が家には珍しく、NHKの大河ドラマをリアル・タイムで見ています。「真田丸」です。家康や秀吉といった有名な「英雄」ではない武士が、「上がコケたとき誰に付くか」で右往左往する様子が、現代のサラリーマン社会を彷彿とさせ、親近感を覚えます。信繁の父の豪胆な戦略に度肝を抜かれる真面目な長男が目を白黒させる様子が面白いのです。長男を演じている大泉洋さんは他のドラマでは自分が周囲をぎょっとさせる役のイメージが強いので、よけいに。

主人公の信繁は味方にも、敵方にもなぜか好かれてしまう、飄々とした、かつ打たれ強い人物として描かれています。彼にはいったいどんな資質があり、どんな信条を持っているのか。ドラマを通じて知りたいですね。

スポンサーサイト

テーマ:真田丸 - ジャンル:テレビ・ラジオ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters