マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

世界中の植物

昨日は明日で終了する、「イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々」をパナソニック汐留ミュージアムで夫と見てきました。やはり、南アフリカの植物がありました。マレーシアのゴムの木を栽培し、一儲け、などの歴史の展示もありました。キュー・ガーデン、何度もイギリスには行っていますが、一度も訪れたことがありません。

金曜日は午前中、異文化コミュニケーションの講演を職場で聞き、その後、仕事がらみで空港まで。そのあと、十数年前の同僚かつ、共同研究のパートナーだった友人が、まさしく仕事の用事で「近くまで来た」ので、夕方、我が家に立ち寄ってもらいました。彼女は高校時代オーストラリアに留学していたので、すでに3月ではありますが、オーストラリアの植物のカレンダーを持って行ってもらいました。

カレンダーの3月の植物は、一面に真っ赤なトロピカル植物で、「日本の春には合わないな」と思い、一時的にあまり目につかない場所に移動させておいたのです。

彼女からはフレンチ・ラベンダーの鉢植えをいただいたので、どこに植えるか検討中です。

話題は違いますが、「イングリッシュ・ガーデン」展を見た後、すぐそばの「旧新橋停車場 鉄道歴史展示室」を見てきました。入館料は無料です。これも明日まで、企画展の「駅弁むかしーお弁当にお茶ー物語」というのをやっています。昔お弁当に付いてきた、熱いお茶が入っている、懐かしい「ポリ茶瓶」の展示などがあります。



スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters