マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

編み物も復活

先日の朝の情報番組でBeyond the reefの手編みクラッチ・バッグが紹介されていました。思い出しました。私も買ったのです。バックではなく、手作りキットを。

Favoriという大人向き手作り雑誌を2号だけ購読し、そのうちの12月号に特集が出ていて、数十年ぶりに編み物をしてみようと思い立ちました。

思えば、就職してから編み物は全くしていませんでした。子どもの頃から大学生くらいまではちょこちょこ編んで、今でも自分のセーター1枚、ベスト1枚、残っています。セーターは水色と紺色が混じった糸に黒いラメ糸を入れて色は自分でデザインし、雑誌で見た編み方で編んだのです。首が大きすぎたので、ベルベットの黒いリボンで首のブカブカを絞ったのですが、それがなかなかケガの功名で。いまだに着ています。まあ、ワンマイル・ウェアですが。

Favoriのキットには練習用の白い毛糸が入っていて、数十年ぶりに編み棒で表編み、裏編み、縄編みをやってみました。やはり、自転車と一緒で、数十年のブランクがあっても、手が覚えているものですね。

これから暖かくなるのにセーターというのも。一応、夫の好みを聞いておきましたが。そんな「大作」を作る時間はないし。クラッチ・バッグなら夏でもOKだし、何とか編めそうです。

今、編み物を復活しておけば、後々、楽しめそうですね。

スポンサーサイト

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters