マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

「絵に描いた餅」

久々に今日は休みだったので、7時半にBSで朝ドラを見た後、BS1にチャンネルをすぐ変えると「Catch 世界の視点」で、ABCニュースシャワーのニュース英語が出てきます。旬な表現が紹介されているので、この時間に家にいる限り、見ています。

本日の表現はPie in the sky. 絵に描いた餅」だそうです。やはり、同じ人間、考えることも同じ。日本はお餅で、アメリカはパイ。

詳しく調べてみると、Joe Hillというスウェーデン生まれのアメリカ人ソング・ライターの
“Work and pray, live on hay, You'll get pie in the sky when you die”「..天国に行ったらパイがもらえるよ」という箇所に由来しているそうです。NHKのサイトでは「空の上にあるパイ」となっていましたが、歌詞では「天国」ということでした。「空中楼閣」という言葉もありましたっけ。

最近のCMでPain, pain, go away. と子どもにやさしく語りかけるのがありました。日本語版は「痛いの、痛いの、飛んで行け!」英語でも同じなんですね。

さて、これから土曜日の仕事の報告書と出張関係の書類を書き、見知らぬ方の論文へのコメントを書くとしましょう。

スポンサーサイト

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters