マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

「タルトタタンの夢」

ずいぶん前になりますが、休日の午後、車でちょっと出かけた帰りに聞いていたラジオで書評ゲーム「食べたくなる本」ビブリオバトルというのをやっていました。

以前にも書いたビブリオバトルがラジオでやっていて、しかもジャンルが「食べたくなる本」ということで、かぶりつきに。近藤史恵さん著の「タルトタタンの夢」と「ヴァン・ショーをあなたに」も両方とも図書館で見つけて読みましたが、そのうちの「タルトタタンの夢」が紹介されていたのです。しかも紹介者はフランス料理のシェフ。

本の魅力もさることながら、タルトタタンの作り方、食べ方、いかにおいしいかが紹介されていて、運転しながら、脳内はタルトタタンでいっぱいになっていたのです。

ドラマ化されたらきっと面白いでしょう。商店街(私のイメージとしては中野区か品川区)の中にある小さいなビストロ。職場からやや離れていて、帰宅途中に寄れる、あるいは自宅に近い、そんな感じのビストロではないかと想像しています。シェフ、料理人、女性ソムリエ、ギャルソン(語り手)の4人が出会う様々なお客さんの悩みにさりげなく寄り添い、さりげなく解決して1話が終わるという、人情味あふれるショートストーリーです。

この本に出ていたカスレという豚肉と白いんげん豆のシチューのキットが輸入食材店にあったので、先日作ってみました。さっぱりとした優しい味のシチューでした。

そしてヴァン・ショー(ホット・ワイン)。昨日、風邪を押して1日出勤し、コーヒー豆を買いに、帰りに行きつけの輸入食材店に寄ったところ、スパイス3本と、レトルト・タイカレー、それにヴァン・ショー用のスパイスなどが入ったミニ福袋をゲットして帰宅。

まだ、風邪が治らないので、もう少し治ったらぜひ飲みたいのです。夜にでも飲みたいところですが、風邪で味がよくわからない、香りもわからない、ので。

この本はまだ2冊のようですが、シリーズ化されたらもっと読んでみたいです。


スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters