マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

風邪の日のお供

土曜日から風邪をひいてしまい、まる2日外に出ていません。そういえば、土曜日、電車で出かけた時、本を持って行ったのですが、熱っぽく、読めませんでした。子どもの頃、風邪をひいて学校を休んで寝ていると、本を読む気になると治った証拠、と言われていました。

現在では、枕元にiPadと新聞を置き、うとうと。仕事の打ち合わせは携帯で。あまり、頭が働かないので、いらない書類を整理したりしていたところ、数年前の、NYで暮らす日本人のための広報誌を発見しました。NY生活です。紙でとっておかなくても、日本に居ながらにしてこういう情報も得られるのですよね。日本在住の人が読んでどうする?っていうこともありますが。

さらにアプリで「i広報誌」というのも発見。これは国内の自治体が出している広報を選んでダウンロードして読めるというものです。これはもう少し、実用性があり、です。在住でなくても、ほんの少し料金を足せば参加できるイベントや多くは無料の講演会などの情報が得られるのです。あとは在勤枠を使うことも。残念ながら、近隣ではそういうのがほとんどないので。

スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters