マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

KさまとAさまの思い出

最近、休日でも7時台には起きていることが多くなりました。今朝の「佐和子の朝」で女優の草笛光子さんが出ていました。今季の朝ドラは見ていないのですが、フランスでパテシェ経験のあるおばあさん、という設定で朝ドラにでているそうですね。

そう、Kさまのお話です。20代前半の頃、就職してまだ1年目くらいの時に、職場の女性の先輩が、自分が通っているという都内の美容室を紹介してくれました。その頃、都内の別の美容室に通っていたのですが、どういうわけか、行ってみたのです。カットをお願いすると、隣のお席にはなんと光子さまが。うわ~、女優さんが通っている美容室だったとは、と驚いたのです。優雅な雰囲気でした。もちろん、お声はかけませんでした。そして私のヘアスタイルはかなり斬新なものに。職場では「パイナップル・ヘア」としばらく呼ばれました。お値段は、カットのみで、今通っている美容室のロングヘアのカット・パーマよりも高い料金でした。あとにもさきにも、最高金額のカット。若い頃って、こういう痛い目にあうことがあったんですよね。今なら予算を確かめます。

Aさま。今話題の新国立競技場です。安藤忠雄さんには大阪の事務所でインタビューさせていただきました。トレードマークのコンクリート打ちっぱなしのモダンなオフィスでした。ボクサーから建築家に転身、しかも建築は独学で、という大変ユニークな経歴の建築家さんということで雑誌で取り上げたのです。自然光をうまく取り入れた建築ということで、のちにケニアで建築家の方とお話をした時に「日本ではこういう建築家の方が有名です」と話題に出したのを覚えています。

Aさまについてコメントは控えます。Kさまの美容室での印象、数十年の時を経ても雰囲気は変わらないところが素晴らしいです。





スポンサーサイト

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters