マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

前世はドレイか

先週木、金とも夜10時まで仕事。木曜日は夕食抜きで、駅で、サンドイッチとコーヒーを食べ、電車で帰宅。金曜日はお弁当は出たけれど。雨の中、車を飛ばして帰りました。プログラム作りから荷物運びまで、若者並に働きました。土曜日は6時半に家を出て、さすがに夜9時で終了。ビジネスホテルをとっていたので、久しぶりに会う元プロジェクトメンバーの女性と1時間ほどコーヒーでクダを巻きながら、それぞれの宿へ。やはり10時になってしまいました。お店の人は焼き鳥屋で飲んでいるサラリーマン風情の私たちを不思議に思ったかも。コーヒーとジュースであれほどクダを巻けるなんて。

ホテルでは普段あまりできないパックを。韓国コスメは化粧水たっぷりなので、パック終了してもまだ水分がしたたるのです。そこで、半分に切り、パンパンに張ったふくらはぎと、足の裏に巻きつけるとひんやりとしました。お肌にも良いし。

後始末も残っています。3時間分のテープ起こし(ICレコーダー起こし?)などなど。

そんな中、掲載がきまった原稿の校正に取り掛かれるのがうれしいです。

スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters