マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

雨のお寺でコンサート

教会、お寺、神社。それぞれで「コンサート」の検索をすると、結構でてきます。教会でパイプオルガン、聖歌などはすぐ思い浮かびます。お寺でもパイプオルガン、あるそうです。築地本願寺がヒットします。あるいはジャズなんかも聞いたことがあります。

昨年の秋、かつてのお坊さんの学校だったという飯高壇林でコンサートがあるというので、行きました。かなり激しい雨でした。駐車場から山道のようなところを歩くので、たどり着くまでがたいへん。到着して驚きました。お寺の中にグランドピアノが。どうやって運んだのでしょう。さらに、お堂の中とはいえ、雨が吹き込んでピアノは大丈夫?という感じでした。クラッシックのコンサートで、ピアノと歌でしたが、ピアニストさんと歌手さんたちのロングドレスも心配に。

そして、先週土曜日、雨のお寺でウクレレのミニ・コンサート、15人ほどで演奏しました。雨とはいえ、しょぼ降る小雨。3人の10代のダンサーのお嬢さんたち、寒そうでした。演奏者たちはお揃いのユニフォーム+長袖。女性はチュニックの下にチノパンなど。

公民館のホールで演奏するより、外での演奏は気持ちがいいです。晴れていたらきっともっとさわやかでしょうね。

演奏に行く途中で、友人から民族音楽のイベントでのインフォーマルな通訳の依頼が。新たな分野です。
スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters