マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

ランチ難民

昔、雑誌の企画でオフィス街のレストランが混んでいてランチにあぶれるという「ランチ難民」を取り上げたことがありました。有楽町などのあたりに出没するオシャレなお弁当屋さんはまだないころです。

たまたまなのでしょうが、私はどうもタイミングが悪いのか、「ランチ・パスポート難民」になってしまっています。レストランに入れないと駅ビルでお弁当を買って結局、ランチ・パスポートと同じお値段の540円。

大学のそばのイタリアン① 11時半に入店、「今日は午後貸切準備で12時半に閉店です。」と言われ、のー・ぷろぶれむ、という感じでしたが、待つこと45分。さすがに12時35分まで待ってくれました。味はよかったのですが...

イタリアン② 1回目、不定休なので電話してください、とありましたが、お休み。2回目、月曜日に行くと「火曜日から金曜日なんですよね」。3回目、金曜日。「申し訳ありません、ランチは予約でいっぱいです。」

イタリアン③ 「申し訳ありません、予約のみなんです。他のメニューならありますよ。」

無事入れて、待たなかったのはランチにフレンチトーストを出すカフェと、例によって電車の時間が30分以上あったので入ったコーヒー・ショップ。ランチではないのですが。ドーナツが選べました。

というわけで、今日は大学に車で友人が訪ねてくれましたが、大学内の、学食ではないレストランでランチ。昨年の夏に会って以来で話が積もっていたので、グルメはそっちのけ。勉強熱心な彼女から大いに刺激を受けました。

スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters