マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

NYの紅茶

紅茶っていうとイギリス、なのでしょうが、フレーバー・ティはドイツ、フランスがなかなかのものです。そして、NY生まれでイギリスの紅茶の賞を2007年に取って、英国王室御用達にもなっている紅茶があると、Cafeglobe.comで知りました。

見てみると、2007年前後にNYで私も買ったことのあるHarney & Sonsのことでした。平べったい小さい缶に入った紅茶で、南アフリカのルイボス・ティーをベースに、クランベリーとオレンジ・ピールが入っているという「アフリカン・オータム」に惹かれて買いました。

「タガロング」というのだそうですが、缶の真ん中を押すと開き、ふたの側面を押すとカチッと閉まる便利なものです。しばらく旅行用のティー・バッグ入れとして使っていました。捨ててないと思うのでどこかにあるはず。数年前にディーン・アンド・デルーカで見かけましたが買うには至りませんでした。いろいろな種類があるようなので、今度ぜひまた。



スポンサーサイト

テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters