マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

渋谷で予定変更

今週は月曜日、午前中は中国、パキスタン、ドイツの留学生を2駅先の小学校まで連れて行き、午後はまたインタビュー・調査。久々に給食をいただきましたが、何とも微妙なお味。家で風邪ひきさんの看病をしつつ火、水はテープ起こし。

今日は午前中、中国、インドネシア、タイ、ブラジルの留学生を小学校へ連れて行き、夕方、先日の調査報告。時間がだいぶ空いているので、研究のため見たいと思っていた映画のバベルの学校を見るため渋谷アップリンクまでひとっ飛び。併設のカフェ「タベラ」でクスクスのランチ。

渋谷自体、5年ほど前にヴィクトリアン・ジュエリー展を文化村に見に行って以来です。お天気もいいし、映画を見てからだと「街歩き」できずに大学に戻らなければならないので、あっさり予定変更。映画は地元に来たときかあるいはDVDになってから見てもよいし。そのかわり文化村ミュージアムでやっている「バンクス花譜集」を見ることにしました。

その前に。

懐かしい場所がありました。番地もはっきり覚えていました。ふと行く気になったのです。周りは吉祥寺中道通りのような感じに変わっていて、すっかり新しくなっていました。なかなか見つからないので土地を売ってしまったのかな、と思いました。でも、2,3年前に新聞に出ていたのです。大正時代からあるお店だと初めて知りました。

ありました。どうやら規模を縮小したみたい。ほろ苦いような懐かしさと複雑な気分でした。具体的には書けませんが。
でも残っていてくれてよかった。ネット検索すると意外な事実がわかり、時の流れを感じます。

すみません、何の事だかわからなくて。

スポンサーサイト

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters