マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

有吉といえば:非色(ひしょく)

アリヨシといっても、男性芸能人ではなく、作家の有吉佐和子さんです。

「差別と共生の社会学」という岩波書店の本を読んでいたら上野千鶴子さんの「複合差別論」という章がありました。その中で紹介されていたのがこの本。

非色 (角川文庫)非色 (角川文庫)
(1967/11)
有吉 佐和子

商品詳細を見る

図書館で検索してやっと見つけて借り、2日で読んでしまいました。

第2次大戦直後の日本。戦後の混乱の最中、ヒロインは運よく手堅い仕事にありつきます。進駐軍のキャバレーといっても、荷物を預かり、札を渡すクロークの仕事。母と妹を養うのに十分すぎるお給料を得、入手しにくい缶詰などの物資も手に入りました。支配人である優しい米兵から丁重に求婚され、結婚。当時としては立派なマンションに移り住み、子どもも生まれ...米兵の夫は帰国命令が下り、しばらく離れて暮らしますが、アメリカへ呼び寄せてくれて、家族でニューヨークで暮らすことに。

ここまで、ヒロインはこの時代のこの状況では極めて幸せな人ですよね。過酷な仕事に就いたわけでも、男性に騙されたわけでも、「現地妻」として捨てられたわけでも、ないのです。

この本には個人の幸不幸を超えた、構造的差別が見事に描かれています。まずは国内の「白人兵」と「黒人兵」の序列。結婚した米兵は黒人だったのです。ハーフの娘が近所の子どもからいじめにあったことから、迷っていた渡米を決意。アメリカへ向かう船で出会った日本人女性の中では「留学生」と「戦争花嫁」の序列が。同じ戦争花嫁の中でも配偶者が白人、黒人で序列。

ところが肌の「色が薄ければ薄いほどよい」というわけではないのが、この本のタイトル「非色」。色に非ずというわけです。

船上の戦争花嫁の配偶者はイタリア系1、プエルトリコ系1、アフリカ系(黒人)2。イタリア系は金髪碧眼の幼い息子を連れて得意げ。ヒロインの娘ともう1人の黒人とのハーフの男の子は友達ができて喜び、ヒロインも同じ境遇の友人を得ます。謎めいているのがプエルトリコ系の配偶者の元に向かっている若く美しい老舗のお嬢様。彼女の夫の写真を見るとものすごいイケメン。美男美女のカップルでいちばん幸せな結婚、と誰もが思ったのですが。

次回に続く。









スポンサーサイト

テーマ:時代小説 - ジャンル:小説・文学

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters