マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

ささやかな打ち上げ

昨日の研究発表は今回はプロジェクト・リーダーではなかったのにかなり疲れました。リーダーが初めての後輩の補佐役だったので。老婆心、転ばぬ先の杖、何とかうまくいきました。

発表終了後は、先に用事があり帰った1人を除き、メンバー3人(もう一人のマダム、後輩、私)で銀座へ。今年で最後のミキモトのクリスマス・ツリーのライトアップを見るためです。


そのあと、東京駅まで行き、ライトアップを。前回と同じでした。「アナと雪の女王」の前には行列が。一緒に写真を撮るというイベントがあったのです。我々は両方見られれば良いので、これにて帰途に。

東京駅で、後輩が「ここで亡くなった有名な人がいると聞きましたが。」そういえば、丸の内南口の券売機そばに、記念碑が。夫が写真を撮っていたっけ。平民宰相と呼ばれた大正時代の首相、原敬首相が暗殺された場所、の記念碑でした。「あった!ここですよ」と二人に見せると、アジア系外国人カップルに英語で話しかけられました。香港の人かな?漢字で「事件があった」ことはわかるものの、詳細がわからないらしかったのです。Prime Ministerが短剣で暗殺されたなどということを読みながら英語にしました。英語の表示も必要ですね。「駅員さんも死んだのですか?」と聞かれ、「それは書いてないのでわからないです」。

その後、マダムとわかれ、後輩と大学方面に電車で向かい、デパ地下で簡単に夕食。食品売り場で後輩は安いザーサイを見つけ、お買い上げ。私はシュトーレンか、フルーツケーキ用のドライフルーツを。彼女は大学へ向かい、私は帰途に。夫が飲み会だったので、助かりました。



スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters