マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

Kindle, iBookで試し読み

研究に必要な本は大学から注文しますが、洋書の場合は金額と「いつ頃、手に入るか」が知りたいのでまずはAmazonで調べてから。大学生協も入手先は同じようなので。「国内で手に入らないと海外発注になりますが、よろしいですか?」と毎回確認されます。

調べてみると、現在入手できず、とか、2,3週間かかります、などの在庫情報がわかります。「5冊あり。すぐ配送可能」などなら問題なし。

でも、最近は、「Kindleならすぐ読めるし、紙の本より安い」というのがあるのですね。さらに、探していた本がなんと「無料」の場合もあるのです。

最近だと、アフリカのジンバブエ生まれのスコットランド人の作家、アレクサンダー・マッコール・スミスの「エマ」を東京駅のオアゾで見かけ、チェックしてみると750頁ほどの本が、「サンプル」ということで無料に。早速、「購入」しました。(読むのはずいぶん先になりそうですが。)

手作りブックカバーなどの手芸の本、Sewing in No Timeという本をKindleで買いましたが、服を作るわけではないので、型紙が必要ではなく、「布、何センチ」がわかればよいので、紙の本でなくてもよいのです。

今、ベストセラーの「フランス人は10着しか服を持たない」というタイトルに惹かれ、チェックしたところ、原書のMadame Chicは紙の本だと3,000円くらい、Kindleだと,1,500円くらいでした。まだ買っていませんが、著者のブログがあることがわかり、TEDのスピーチがあり、楽しめます。

昔なら、著者の講演なんて、まして海外の作家の講演などそう簡単に聞けるものではありませんでしたが、今では居ながらにして、本のさわりを「立ち読み」できるし、「講演」も聞けるのですよね。

出版社が無くなったりで、たまに本が「消えてしまう」ことがあるようなので、消えないうちに早めに読むことが必要なくらいでしょうか、不確定要素は。

今更ながら、すごい時代になったものです。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters