マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

世界の市場 

昨日は指の関節が痛み、整形外科に行ったとき、1時間くらい待つつもりで図書館で借りたこの本を持っていきました。

いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 世界の食を愉しむ BEST500 [コンパクト版]いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 世界の食を愉しむ BEST500 [コンパクト版]
(2014/02/28)
キース・ベローズ ほか

商品詳細を見る

コンパクト版だと確かに病院の待合室で読むにはいいけど、やはりコーヒー・テーブル用の写真集としては一回り大きい方が。一回り大きい英語版を買おうと思います。結局2時間半も待ったので、途中で別の本を車に取りに行きましたが、かなりじっくり読みました。「読むべき本」を持ってくればよかったかも。

これには「世界の市場」が載っていて、「タイの船上マーケット」があり、ずいぶん前に行ったことを思い出しました。行ったことがある市場はタイ、フィリピン、ベトナム、韓国(ソウル)、香港、アメリカ、イギリス、フランス、タヒチ、そしてケニア。国内だと最近は京都の錦市場。

今回、韓国のソウル郊外の市場が加わりました。いつも、ケニアなどアフリカの市場で感心して眺めていた、野菜やフルーツの並べ方。上手に積み上げているのです。韓国の安養付近の市場でもこのように。


韓国は熟した柿と「未熟な」柿の両方を分けて売っているのですが、これは熟したもの。実はあまり柿は好きではありません。実家の木からは100個位とれることもあるのですが、ほとんど食べず、ご近所に配りに行っていました。

さて、今夜のゼミのため、この市場で買ったナツメをお砂糖とシナモンで煮たのを持っていきます。


スポンサーサイト

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters