マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

紫煙ならぬ緑煙

セーターを出したと思ったらここ2,3日はまた半袖に逆戻り。そして、お香なんぞ焚いてみましたが、またもや蚊取り線香に逆戻り。どうせならと、買ってから10年以上たっているケニアの蚊取り線香を、とひっぱりだしてきました。

箱は破れているものの、中身は威力抜群。


地が黄色で、黒と赤の字、蚊が飛んでいるイラスト、やはりインパクトが違います。いかにも「蚊を取るぞ!」という感じです。日本の蚊取り線香は「夏の風情」を出していますよね。

久しぶりに使ってみると、人間にも害がありそう。ケニアの除虫菊、恐るべし。Pleasant Fragranceなどとそこだけ、柔らかい字体で書かれていますが、far from 「心地よい香り」。長時間つけていたら、人間燻製になりそうです。「いぶす」という感じなのですね。もしかしたら、屋外用なのでしょうか。

せっかくなのですが、日本の蚊取り線香に変えました。寝室ではリキッドの蚊取り器、使っています。



スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters