マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

共通の友人

遅ればせながらSkypeデビューしました。最初はH子さん。毎年夏にお会いしているのが、私の都合でお会いできなかったので、わずかな時間でも楽しかったです。

今日は、「朋遠方より来る」。彼女と以前のプロジェクトメンバーが同僚になったので、小さいお子さんと帰省中のかつてのプロジェクトメンバーKさんと、我々2人の3人ででSkype。

Kさんと友人は子育て情報と職場の情報交換、私とKさんは学会の情報交換などをしつつKさんのお子さんに手を振ったりして。そして、9月に3人で会う話もまとまりました。

やはり、顔を見て対面で話すのってすごい。友人もSkype初デビューだったので、楽しんでくれました。国内でもだいぶ遠くにいる人と対面で話せるのはやはり便利ですね。

そして、3人の親しさや知り合ってからの年月が違う時に便利。私と友人は20年来の友人ですが、友人とKさんは昨年私が紹介したものの、実際には1,2度立ち話程度だったとか。Kさんと私は早くも7年近くの付き合いです。

海外の友人たちとも試してみます。

スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters