マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

「アン」のはしご

昨日は日本橋三越と銀座の教文館でやっている赤毛のアンと村岡花子さんの展覧会に行ってきました。

まずは教文館から。村岡花子さんがご主人と出会った出版社、ということです。キリスト教系の書店で、ホール側の昔ながらの建物が重厚でかつ素敵な雰囲気を醸し出しています。

会期開始後であり、11時半過ぎということで、見学者は少なく、ゆったりと見ることができました。

そのあと日本橋三越に移動。最終日ということと、アンの原作者モンゴメリと翻訳者村岡さんの両方の紹介、カナダグッズ、アン関連グッズの販売などがあり、ごったがえしていました。

そのあと大学の図書館へ返却する本があり、荷物が増えるので、関連本は買わずにいました。加えて、20数年前に日本橋の丸善で5690円で買ったこの本があるからです。

The Anne of Green Gables TreasuryThe Anne of Green Gables Treasury
(1991/11/14)
Carolyn Strom Collins、Christina Wyss Eriksson 他

商品詳細を見る
米ドルで23ドルほどの本は、今では3千円を切る値段で、ネット注文できるのですね。

というわけで、モンゴメリやアンの年表は読み飛ばし、貴重な原稿や愛読書、著書などをじっくり見ました。花子さんについても本は読んでいるので、同様に。

そして、モンゴメリとアンの書斎の復元展示がありましたので、インテリアの参考にしたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters