マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

Green Thumb

私は今まで、どんなところに住んでも、植物を育ててきました。たとえ小さなベランダでも小さな鉢にハーブなどを植えて。

初めて一人暮らしをしたアパートは意外にも自分の庭があったので、山椒を植えたり、ラベンダーを植えたりしましたが、うまくつきませんでした。フェンネルを植えたところ、巨大に育ち、夏の旅行から帰ってきたら食べようと楽しみにしていました。帰国して、跡形もないのでショックを受けたものです。当時のアパートは大家さんが除草をしてくれていました。雑草として引っこ抜かれてしまったのです。

その後、引っ越したところではセージ、ローズマリー、イタリアンパセリ、ニラなどを育て(食べるものばかり?)ていました。

ようやく田舎暮らしでまあまあ広い庭ができたのですが、結構お世話が大変。今、たまたま花束をいくつかいただき、家の中も外もお手入れが必要です。

家の者も山のようにガーデニングの本を借りてきて研究しています。

私はこんな本を見つけました。
庭の小道から―英国流ガーデニングのエッセンス庭の小道から―英国流ガーデニングのエッセンス
(2008/02)
スーザン ヒル

商品詳細を見る

実用本というより、庭を楽しむエッセイです。

新版 サラ・ミッダのガーデンスケッチ新版 サラ・ミッダのガーデンスケッチ
(1992/09)
サラ ミッダ

商品詳細を見る

随分前にこんな本を買ったっけ、と思い出したのはこれです。素敵なイラストの英語の本に詳細な訳がついています。
私が持っているのは「新版」より古いものです。数十年たって、ようやく日の目を見ました。読むだけでも楽しい本ですが。
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters