マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

読書メモ:「<ハーフ>とは誰か」

少女マンガの世界では「フランス人の父と日本人の母」とかいうヒロインが出ていて、少年少女の憧れを掻き立てていたのですが、この本を読むと、それが膨大な数だということがわかります。
〈ハーフ〉とは誰か: 人種混淆・メディア表象・交渉実践〈ハーフ〉とは誰か: 人種混淆・メディア表象・交渉実践
(2014/02/16)
岩渕 功一

商品詳細を見る

150ページから読むと、その数は120冊を超えています。

この本の第5章「少女マンガにおける<ハーフ>キャラクターの表象」(田中東子 担当)です。少女漫画のハーフのヒロインのほとんどが欧米系の父または母、なのですが、例外としては「東アジアの王族の父」というのがありました。

そもそも日本人と外国人との結婚から生まれた子どもの呼称には歴史があります。偏見に満ちたものから、脱偏見へ。でもちょっと違和感が...というものまで。

ハーフ ⇒ ダブル  混血児 ⇒ 国際児     学術的には「国際児」をよく見かけます。

さらに、人種 ⇒ エスニシティー となります。

「ハーフ」を「ダブル」とすることが彼らのエンパワメントになるから、というのが理由だそうですが。どうなんでしょう。

戦後の50年代頃は不幸なヒロインのドラマチックな設定として出てきていて、近年になると「美しい容姿」や華やかな国際性などが浮き彫りにされてきているとのことです。

スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters