マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

「田舎のねずみ」の春

3月末というのは、慌ただしいのですが、眠っていたものが目覚める感じと相まって、12月の慌ただしさとは違う華やかさがあります。

今朝は朝食の準備と夫のお弁当作りをしながら、イチゴジャムを煮ました。夫は出勤前に庭の雑草を抜き、私はその後、ガーデニング。雑草を集め、クンシランの植え替え。2つの鉢を6個の鉢に分けました。午後は雨が降るというので、ようやく重い腰を上げたのです。

うぐいすの鳴き声を聞きながら。

「テープじゃないよね?」と言って笑われ、録音して「都会の人だねえ」と笑われました。そう、竹やぶに「本物の」うぐいすがいるのです。

そしてこの後は、友人たちからいただいた、バラの鉢の植え替え。

数年前に千葉県八千代市の京成バラ園で買った肥料がまだあったのです。
P2014_0326_102123.jpg

そして午後、新しい携帯をピックアップしたあとは、プロジェクトの総まとめと秋の学会発表の準備にようやく取り掛かります。





スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

■ケノーベルからリンクのご案内(2014/03/27 08:59)

八千代市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2014/03/27(木) 08:59:28 | ケノーベル エージェント
最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters