マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

癒しのヨガ

田舎に住むと:ジムはどうする?と書いたのは約1年前。

どうしているかというと、今まで1つのジムでやっていたことを、ダンス系、ズンバ+バランスボール、ヨガ+水泳の3つ、それぞれ別の団体に所属してやっています。ダンス系は公民館。ズンバなどは駅に近いホテルのジム。ヨガ、水泳はリゾート系ホテルのジム。ホテルのジムは1か月だけ入ることができたり、入会金を払ってから1回ごとに払うシステムがあったり、無駄がないのです。公民館のダンス系は先生が格安でやってくださっているし。どれも20キロから25キロほど離れています。ですからそんなに頻繁には行けません。

今日はそのうちのヨガに初参加。これまでやっていたヨガは休むことなく腕立て伏せをやるハードなものから、激しくいびきをかきながら寝てしまうおじさんが出没する「ゆるヨガ」、その中間でほどほどに体力がつくけどちょっと単調なヨガ、などなどがありました。人数は30人ほどでやってました。

今日のは5人という少人数。ペアで腕を引っ張り合ったりというのはジムではない体験。瞑想の時間がたっぷりで、インストラクターがそれぞれの参加者を軽くアロマ・マッサージしてくれて、ラベンダーの香りのアイピローでまどろむ、というものでした。

そして極めつけは「ヨギ・ティー」。昔、アメリカのショッピングセンターのお茶コーナーで買ってスパイスの香りに嵌りましたが、日本ではとても高いのでほとんどそれきりになっていました。

冷たいお茶、あったかいお茶両方用意してあったのです。私はインド・スパイスのヨギ・ティーをホットでいただきました。実に美味!

ティーバッグに小さくこんな哲学的な文言もあるのです。

Have wisdom in your actions and faith in your merits.行動には知恵を、自分の美徳(長所)には信念を。という感じです。

終わってみると、ほとんど2時間近くたっていました。1時間15分ということだったのですが、先生と参加者でヨガの情報交換などをして。

暖かくなったらこれからはヨギ・ティーを買って、家ヨガもやってみます。

スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters