マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

神田古本まつり

昨日は夫とともに神田古本まつりに行ってきました。最終日だったせいか、混んでいました。和書では谷本誠剛著の「物語にみる英米人のメンタリティ」、ハリー・コリス著の「米語の迷信・俗信101」を手に入れました。今年度はほかの仕事と重なってしまったため断らざるを得なかった専門学校での仕事ですが、来年度教える機会があればと思い、買いました。
 洋書はCulture, Globalization and the World-Systemという社会学関係の本で、筆者の中にStuart Hallの名前があったので迷わず買いました。人類学者のEdward HallのBeyond Cultureは修士の時に読みましたが、最近読んでいる本の中で「エドワードではない」という注釈つきでスチュワート・ホールの名前がよく登場していたので読んでみたいと思っていました。もう一冊はA Union of Diversity--Language, Identity and Polity-Building in Europeという、ジャンルとしては国際政治の学術書と分類されていた、ヨーロッパの言語政策についての本です。ヨーロッパの言語、文化についてと人々のアイデンティティの問題も知っておきたいと思っていたので、大収穫でした。洋書は1冊400円。とくに後者の本は4600円というシールが貼られたままで、しかも昨年出版された新しい本です。夫の方は「絶版になっていた本を手に入れることができた」と喜んでいましたが、私は新しい洋書を安く手に入れられて喜んでいます。ちなみに、お昼は中華ビュッフェ。お得な値段でとてもおいしかったです。大満足。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters