マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

森の中のイタリアン・レストラン

昨日、先生と行ったイタリアン・レストラン、リストランテ プリミ・バチは井の頭公園のそばで窓から木々が見える素敵なレストランでした。ちなみにプリミ・バチとはイタリア語でファースト・キスという意味だそうです。行く途中は「エスニック通り」で、タイ、ベトナムなどのレストランやエスニック雑貨が立ち並び、全身に血がみなぎってしまいました。お会いするのは卒業後2回目で、前回は母校に行きましたが、お食事をご一緒するのは初めてでした。お会いしていなかった長い年月がなかったかのように話がはずみました。

ところで、イタリア料理のお店は「森の中」風が似合うのでしょうか。フランス料理などもそういうお店は多いと思います。都内では等々力渓谷のそばのイタリアンがありますし、うちから車で15キロほどのところには本当の「森の中」にあるイタリアンがあります。韓国・ソウルにも風情のあるイタリアン・レストランがありました。(韓国に来てイタリアンはいやだと夫に言われ入りはしませんでしたが)

例によってケニアのイタリアン・レストランで生バンドのステージがあるような大きなレストランは、カジノと同じ敷地内にあり、オリジナルなメニューや大きなカップに入ったティラミスなどのデザートがあり、お気に入りのレストランでした。街中でしたが日本では想像もつかないほど背の高い木々に囲まれ、夜など風が心地よかったものです。カニと卵をしょうがの入ったマリナラソースでからめた料理がおいしく、帰国後、カニ缶と卵にトマトペーストとしょうがで味付けして再現してみました。近い味にはなりましたが、もちろんあの味が恋しいです。

スポンサーサイト

テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters