マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

Broaden my horizons

やはり、パートナーがいると、自分では行かないような展覧会や映画に行くことがあり、視野が広がることが多いと感じます。

妖怪もその一つ。私が海外に行っている時、夫は遠くの美術館まで1人で行って、「妖怪展」を見たことがあります。見てみると興味深いものですね。日本画自体は好きですし。

今日はまず、日本橋で三井記念美術館の妖怪展に行ってきました。三井記念美術館はフランス人の友人と以前、「雛人形展」に行きましたので、美術館自体、素敵なところだとは知っていました。

それから東中野に移動し、ポレポレ東中野で「標的の村」を見ました。こういう社会派映画も結婚してからよく行くようになりました。ポレポレ東中野自体は私は2度目。12時40分からの回は満席で、パイプ椅子席にぎりぎりで座れました。本当は併設のカフェで食べたかったのですが混んでいたので、移動。

壁紙の最終決定のため、大久保のショールームに行くので1駅乗って、ふらっと入った中華料理店で遅い昼食(3時)となりました。

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters