マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

夏のお茶水筒


私は普段、サーモスで温かいコーヒーやお茶を持ち歩き、ほとんどペットボトルのお茶やジュースなどは買いません。時々、「付録」の携帯ストラップやキーホルダーなどを目当てに買うことはありますし、ビタミン入り飲料とかスポーツドリンク系はジムで飲むときに買うこともあります。

サーモスは電車での移動の時はちょっと重いのが難点です。

それで、以前、同僚が持っていた台湾のペットボトル風水筒は軽くていいなあ、と思っていました。それで、昨年の12月に初めて台湾に行ったとき、すかさず買いました。

中国茶は3,4回(5,6回?)は煎れられるので、お湯が手に入る場所にいるときは便利です。大学では売店のそばに、カップラーメン用でしょうが、学生用給湯器がたくさんできたので、便利になりました。

台湾の水筒は上下が外れるようになっていて、茶葉を入れる側からお湯を入れ、反対側から飲むようになっています。保温性はありません。

夏は、普段より威力を発揮することがわかりました。お湯を入れてからしばらくたつとぬるくなり飲みごろに。飲み終わると、またお湯を足せば3回ほど飲めます。

台湾茶道を習ってみて、中国や台湾のお茶はほんとうにまろやかでおいしいことがわかり、いろいろなお茶が楽しめるのです。ペットボトルだとウーロン茶中心ですよね。

この暑さだと冷たい飲み物がほしいときは、もちろんあります。ただ、普段から冷たいものはあまり飲まないので、これは本当に便利です。
スポンサーサイト

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters