マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

女性運ゼロの武将

昨日は朝7時頃に家を出て、夜7時頃に帰宅。教授の講演を聞き、お手伝いを少々でした。今日も午後から大学ですが、ちょっと一休み。

最近の韓ドラ、テレビ東京の「武神」を見ています。長編時代劇、ということで録画しましたが、どちらかというと「男子向け時代劇」。「兵を5千用意しろ!」などという戦闘シーン豊富な本格時代劇に夫は大喜びですが、私はやや引き気味。一緒に楽しく見てはいますが。

やはり女性だと「トンイ」のように「奴婢から王の母に!」で、男性だと「奴隷から最高権力者へ!」というのが夢とロマンをかき立てるのですね。

それにしてもヒーローの武将、異例の出世を遂げるので、周囲から嫉妬されます。半面、女性運はゼロ、というかマイナスかも、というくらい悲運です。

最初の幼馴染との恋は卑劣な周囲の人々に阻止され、恋人の死で悲劇に終わります。その次の恋人は亡くなった幼馴染とうり二つ(一人二役)ですが、こちらは残酷にも、仕えている主君の側室になり、手も足も出ません。

加えて主君の娘など、全く好きでもない女性からしつこく想われて困惑、どころか、地位や命も危うくなったりします。

武将としてはよい上司や仲間に恵まれ、主君に目をかけられ、と大躍進なのですが。

我が家ではようやく50話の半分ほど見ましたが、このヒーローが最高権力者になったら、「個人としての幸せ」などはあるのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters