マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

五反田でシンガポール

シンガポールに旅行したのは80年代後半頃。当時の会社で「いつ使えるかわからないけど安いシンガポール行きのチケット」を買うことにし、10歳ほど上の女性の先輩と行くことになりました。当時としてはチケット代だけでも安かったのですが、今ではたぶんそれくらいでホテル付きのツアーがあると思います。

宿は私がつてをたどって予約。日本人の支配人にお土産として「あんこの缶詰と最中の皮の缶詰」を持っていった記憶があります。

セントサ島、マンダイ蘭園などを見て回り、普通のバスを乗り継いで観光したのです。マレーシアと中国が融合したというプラナカンのあたりで、飲茶を食べたのがおいしかったことも覚えています。屋台での食事が安くておいしかったことなども。

90年代はケニアへのトランジットで、毎回1時間だけボートに乗っているだけですが、景色は楽しめました。

年末の休みに、ケニアに「帰省」した時、マイレージをためている女友達とはシンガポールまで別便で、シンガポールの空港で落ち合ってケニアに行ったことがあります。待っている間にカウンターの女性とおしゃべりしていて、「これからケニアに行くのよ」と話すと、「うらやましい。エキサイティングよね、アフリカなんて。シンガポールってキレイなところだけどつまらないわ。」とぼやかれたのも覚えています。

シーリング・ファンがゆっくりくるくる回り、コロニアル風のラッフルズホテルでカクテル。そんな感じを思い出せるお店に今日、行ってきました。

カーテンを見に、五反田へ夫と行き、お昼は?という時に思い出したのは、3軒のレストラン。少し駅から遠いところにあるイタリアン。それと韓国料理店のチェーン店の「チェゴヤ」。さらには学会の事務局をやっていた時の打ち上げで行った「グルジア料理店」。どれも乗り気でない夫に、それじゃ、駅ビルでも。ということでアトレに行ったところ、お祝いの蘭が飾ってあって出来たてと思われるシンガポール料理のレストランに行くことにしました。「中華料理とそんなに変わらないから」となだめて。

私はミーゴレンではない焼きそばのセット、夫はチャーハンにしました。前菜が3つついていて結構おいしく、950円也。シーリング・ファンが天井になかったのですが、雰囲気はとってもシンガポールで、よかったです。
スポンサーサイト

テーマ:シンガポール - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters