マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

K-Pop ダンスに挑戦

先週水曜日、大雨の中、午後いちで大学でフィリピン・プロジェクトの打ち合わせ、中抜けで30分ほど電車に乗り調査先へ、6時過ぎに戻り7時半までマスターのゼミに。半日、水につかっていた足は悲惨なことになっていました。

木曜日はたまった家事を片づけ、買い物から帰宅し、3時頃から翻訳の仕事にかかろうとしたところなんかやる気が出ませんでした。そういうお年頃に?と思いつつも、なんか違う。熱を計ってみると37度を軽く超えていました。平熱は36度ないくらい。昨日の雨のせいか!

しかし、そんなに柔とも思えず、もしかしたら。賞味期限内ですが開封してからしばらくたったドライマンゴーを見つけ、ちょっとかじったら、変な味でした。食中毒でいわゆる「お腹の症状」が出ない私としては、風邪の症状がまったくなく、「気づいたら高熱」というのはその可能性があるかもと思い当りました。

金曜日は熱が37度6分もあり、予定を2つ取りやめました。

土曜日は夫がたまたま出勤のため、予定を2つ入れました。1つはマダムと一緒にミニ学会参加。もう一つはなんとK-Popダンスの体験レッスンです。学会の場所のT大学は大久保から4駅。学会が終わるのは2時半、ダンスは3時半から。さすがに、ダンスだけのために出かけるのは気が引けたので絶好の機会だったのです。

2日も高熱だったから土曜日は行かれないと思っていましたが、土曜日の朝には平熱に戻っており、無事外出。マダムとパスタのランチをしてから学会に、憧れの著者でもある講演者の先生のお話が聞けました。

そしてK-Pop.やはり若い人が多いのですが、受講者の年齢(私も書くことになりましたが)を見ると私よりもだいぶ年上の方も数人。講師の先生は「イニョン王妃の男」でヒロインを演じた女優さんにそっくりな、色白でお顔がふっくらしているけどスタイル抜群の女性でした。

唯一知っていたKaraの「ミスター」。風刺コメディの「ザ・ニュースペーパー」の男性俳優陣が女装して軽やかに踊っていたので、振り付けはなんとなくイメージできていました。

病み上がりでダンスとは、と思いつつも、ズンバやラテンほど激しい踊りではなかったので大丈夫でした。インパクトがあり、ベリーやラテンとも共通する部分があり、とても楽しめました。近ければもっと通いたいけれど。

それにしても、韓国語での指導に「後ろ」「前」「腕」「足」など基本の日本語が入っていて、あとは振りをまねればいいので、言葉がわからない国のダンスでも全く問題ないのですね。

かつて本場キューバ人にサルサをちょっとだけ習い、今回本場のK-Popダンスを韓国人に習い、ということで、ダンス修行も続いています。
スポンサーサイト

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters